• HOME
  • THE WITCH VILLAGE STORY

ウィッチ ビレッジ ストーリー

© ベストフィールド/KBK

イントロダクション

この物語の主人公のひとつは、小さな街。そこからは「魔女の谷」を望むことができるので「魔女の街」、「ウィッチ・ヴィレッジ」と呼ばれています。時には事故があったりケンカもあったりするけれど、なぜか最後はみんなが仲良くなる、あったかい街なのです。

一方で現代のファッションやニューメディアやグルメを含め、最先端の流行を楽しむ若者があふれ、活気にあふれています。普通の都会と違うのは、あくまでも人間が中心にいるということ。そんな、今ではあるいは理想郷になってしまった「ウィッチ・ヴィレッジ」は、その名の通り「魔女に護られた奇跡の街」なのです。

そこに、生きる若い男女が7人。ときには笑い、ときには争い、時には恋をする…。彼らが繰り広げる、おしゃれで、ちょっと切ないショートストーリーが、「ウィッチ・ヴィレッジ・ストーリー」です。

70、80年代を思い起こさせる懐かしいアイテムやミュージックが、この爽やかなストーリーに彩りを添えます。あなたの記憶の底にしまわれた、あのまぶしい日々の思い出がきっと蘇ることでしょう…。

ストーリー

♯1 「黄色いエンブレム」前編 / ♯2 「黄色いエンブレム」後編
登場人物たちが集うカフェバーを舞台に、大学の先輩のタックを頼りに引っ越してきたサムが、今でも変わることのない先輩や皆の友情に胸を熱くします。
♯3 「2月のクリスマス」前編 / ♯4 「2月のクリスマス」後編
タックがサトミからクリスマスプレゼントでもらった手袋の片方をなくしたのをきっかけに物語は始まります。そして、やがて二人は、バレンタインデーの夜にクリスマスのやり直しをすることに…。
♯5 「恋するミネラルウォーター」前編 / ♯6 「恋するミネラルウォーター」後編
サトミが勤める化粧品会社の同僚ボンゾは、清涼飲料水部門。地元ウィッチ・ビレッジの水を使った“恋するミネラルウォーター”の発売に向け毎日遅くまで働いている。そんな彼を頼りに、サトミはいつも相談を持ちかけるのだが、最近、タックとすれ違い気味なのだ。
♯7 「ペットがキューピット!?」前編 / ♯8 「ペットがキューピット!?」後編
サトミが「恋するミネラルウォーター」を通じてボンゾに急接近。ボンゾが忙しい間にそんなことになっているとは知らずに、取り残されたノコは飼い猫ホワイティの相手をするしかない…。そんな時、サムが愛犬リッチを連れて散歩しているところにバッタリ出会い、ペットのことで盛り上がり、二人は思いがけず楽しいひと時を過ごすことに…。
♯9 「ピザセットで恋のリセット!?」前編 / ♯10 「ピザセットで恋のリセット!?」後編
ジュンジは無愛想だが、彼の作るピザはとびきりうまい。ある日、広告代理店に勤めるミッキーが“恋するミネラルウォータ ー”をジュンジの店においてキャンペーンをしないかと言ってきた。早速、“恋するピザセット”として販売したところ、これが大評判。その評判を聞きつけたノコとサムが、ある日、互いにペット連れで店にやってきた。そして、事態は思わぬ方向に…。
♯11 「気弱なマジシャン」前編 / ♯12 「気弱なマジシャン」後編
ミッキーと同じ広告代理店に勤めるタックが忙しいのは、今流行っているマジックを仕掛けようとしているから。評判のマジシャンを呼ぶと費用がかかるので自分でオーディショ ンをして発掘したが、センスは良いのに度胸がない。だが、タックの徹底した指導でめきめきと腕を上げるマジシャン。そんなタックの仕事ぶりを近くで見ていたミッキーは、タックに対して尊敬以上の感情を持っている自分に気づくのだった。
♯13 「街はウォーターパニック」前編 / ♯14 「街はウォーターパニック」後編
女の子たちのうわさ、ピザセットの評判、そしてマジシャンの特集等でマスコミに取り上げられた途端「恋するミネラル・ウォーター」の話題で街は持ちきりとなる。ついには「この水の成分を調べる必要がある」という博士もテレビに出て…。
♯15 「7人の狂想曲」前編 / ♯16 「7人の狂想曲」後編
ノコを巡ってジュンジがサムに食いかかってきたのをきっかけに、一挙に7人の問題が吹き出す。タックは、ボンゾからサトミと正式につきあいたいと言われ、初めてサトミの心が自分から離れていたことを知り、愕然とするのだった。
♯17 「傷心のサンセットビーチ」前編 / ♯18 「傷心のサンセットビーチ」後編
タックはつらいのを我慢して、今抱えているマジックショーに努力を注ぐしか無かった。その姿をミッキーが見て恋心にも似た同情を寄せる。そしてミッキーは、サトミがボンゾに相談を持ちかけすぎたことが、この一連の7人の騒動の原因なのだとサトミに言う。サトミは深く傷つく。
♯19「カフェラテがくれた決意」前編 / ♯20「カフェラテがくれた決意」後編
サトミは自分の手がけた「恋するミネラル・ウォーター」が、世間を騒がせてしまったことで落ち込んでいた。そこで久しぶりにサトミは休みを取り、お気に入りのカフェラテを飲むと、重大な決心をするのであった。
♯21 「夏の夜の夢!?」前編 / ♯22 「夏の夜の夢!?」後編
いよいよタックが手がけてきたマジックショーの開演。 それは気弱なマジシャンだったとは思えない程の変貌ぶりで、観客を大いに魅了したのであった。 7人は成長したマジシャンを目のあたりにして、何か今までのいさかいが些細なことのように思えて来るのだった。
♯23 「エアポートの7人」前編 / ♯24 「エアポートの7人」後編
サトミが留学をすることになった。そう宣言したのは、マジックショーの翌日だった。今回の騒動で深く傷ついたが、反面、人間的にも仕事面でも、もっと成長しなければならないと悟ったからだ。それを聞いて、他の6人も、自分を見失い、人から振り回されていたことに気がつき反省する。そして、「ぼくたちの友情は変わらない」と誓い、サトミを快く送りだすのだった。

商品情報

「ウィッチ ビレッジ ストーリー」DVD(第1巻)
発売日:2005年10月19日
収録話数:1〜12話
価格:3,150円(本体3,000円/消費税150円)
映像特典:ウィッチビレッジの美しい情景を織り交ぜながらオリジナルサウンドをバックに若い男女7人のストーリーを厳選したイラストでお楽しみいただけます。
© ベストフィールド/KBK
「ウィッチ ビレッジ ストーリー」DVD(第2巻)
発売日:2005年10月19日
収録話数:13〜24話
価格:3,150円(本体3,000円/消費税150円)
映像特典:魔女伝説が残るウィッチビレッジを一望できるマップから街のお薦めスポットを紹介しています。
© ベストフィールド/KBK